未経験プログラマのアプリ開発での有用性

一般企業におけるIT系の開発業務として、アプリ開発とWeb開発がある。
特に自社のアプリを開発することによって、実質上の会員獲得を実現する方法はビジネス戦略として一般化してきていることから、そのアプリを開発できる人材を採用する企業も現れてきている。

そういった際に、経験豊富で即戦力となるプログラマを探す方法があるが、数もそれほど多くはなく、人件費という観点からも比較的大きな物となってしまうという欠点がある。フリーエンジニアであれば数はいるものの、将来的にアプリの維持管理を行ってもらうことを考えると、正社員として雇用できた方が理想的だろう。
その際に一考した方が良いのが、開発の実務に関して未経験のプログラマを募集してコストダウンを図るというアプローチだ。

開発の実務経験は、アプリ開発においてもその効率を上げるのに役立つだろう。
しかし、ソフトウェア開発などに携わったことがある場合にはパソコン等からの入力に対応したプログラムの開発に慣れている。
これがスマートフォンのアプリ開発の障害になる場合があるのだ。

特に操作性を考えた場合には、タッチパネルかマウスとキーボードかという違いがあり、行いやすい動作とそうでない動作に大きな違いがあるのだ。そのため、同じ考え方で開発を行うよりも、ソフトウェア開発の経験がない状態でアプリ開発に特化して操作性を考えた方が、かえって良い結果を生む可能性を高められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です