プログラマにとって経験は仕事に就く命綱

プログラマの求人においては、概して資格を有していることよりも実務経験があることを要求される。
関連するプロジェクトでの仕事の経験であったり、特定のプログラミング言語を使った開発等の経験であったりと、要求される経験は様々だが、就職や転職に際してもフリーランスをするにしても、経験の有無が直接大きな影響をもたらす要素となっている。

そのため、未経験で仕事を手に入れることを考える場合には、少しでも実務経験を積むことが肝要になる。未経験であっても採用する企業もあれば、フリーランサーへの募集案件もある。
しかし、それらを獲得することだけを考えていると門戸が狭く、手に職がつかない状況になってしまう可能性が高いのだ。

小さくても経験を積むための方法としてよいのが、フリーランサーとして小口案件を拾い歩いていく方法と派遣社員となる方法がある。
フリーランサーは概して高額の案件から請け負おうとするため、比較的小規模な案件は狙いやすく、経験が要求されないものでは報酬が少ないことが多いので応募すれば採用されやすい傾向にある。

その遂行を通してプログラミングについて学べるのも利点だろう。
一方、派遣では未経験可とされている案件が多いことに加え、プロジェクトへの増員のケースが多いことから、現場で他のプログラマに教わりながら仕事ができるというメリットがある。
こうして経験を積むことで仕事の道が切り開けるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です